TOP メルマガ登録フォーム メルマガ・バックナンバー メルマガ・バックナンバー 第33回 IS News【大丈夫ですか?Windows XP サポート終了対策】

メールマガジン・バックナンバー

第33回 IS News【大丈夫ですか?Windows XP サポート終了対策】

2013-07-01

いつもお世話になっております。
アイ・エス・システムズ IS News担当です。

Windows XPのサポート終了まで1年を切りましたね。
皆さん対策はお済みですか?

サポート期限が残り1年となった2013年4月時点でも、
40%以上がXPを使い続けているという調査結果があります。

特にIT担当が不在の中小企業は深刻で、
リスクを十分に理解されていないという恐ろしい事実も…。

そこで!今回のIS Newsでは、
「Windows XPサポート終了の影響と対策」についてお送り致します。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「Windows XPサポートの終了の概要」


多くのビジネスシーンや家庭で利用されてきたWindows XP、
何のサポートが、いつ終了し、どう影響があるのか?

簡単にご紹介しますね。


■どんな製品のサポートが終了するの?

・Windows XP
・Microsoft Office 2003
・Internet Explorer 6

大きくこの3つのサポートが終了します。

そもそも入っているOSが分からない方は、
マイクロソフト社のWeb診断でぜひ調べてみて下さいね。
(巻末でご紹介いたします)


■いつサポートが終了するの?

・2014年4月9日(日本時間)

上記の日時でサポートが終了します。
今回、終了期日の延長はない見通しです。


■なぜサポートを終了するの?

かみ砕いてご説明すると、

・時代の変化に伴う、セキュリティの脅威に対処していく為
・新技術の導入、将来的な購買計画を立てやすくする為

この2つがあります。

マイクロソフトではこれを
「サポート ライフサイクル ポリシー」と指針を定めています。


■何のサポートが終了するの?

具体的には、
以下のサービスが受けられなくなることを指します。


【1】セキュリティ更新プログラムの提供

【2】メールや電話によるサポート

【3】関連製品のサポート


特に懸念されているのが【1】番です。
セキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、

・脆弱性を突いたコンピュータウイルスの感染リスクが増大する
 ⇒つまり、データ漏えいなどの問題が発生する可能性も増大します!

では、一体どうしたらよいのでしょうか?
次章で詳しくご紹介していきます。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「Windows XPサポート終了対策をしよう」


セキュリティに関するリスクを減らすには、
率直に言うと新しいOSへの移行しかありません。

…と言われても簡単にできないよ、
という方も多くいらっしゃいますよね。


なぜ移行が難しいのでしょうか?


移行費用や工数の面もあると思いますが、
意外によくあるケースがこちら。


【その1】
社内にIT担当がおらず、推進役がいない

【その2】
相談できるパートナーがいない

【その3】
大量のPC環境を移行させるノウハウがない


この場合は、まずマイクロソフト社のWebサイトを見る等、
何か一つでもアクションを起こすことが第一歩です。
(身近な弊社にご相談頂く…もちろん歓迎ですよ!)


あと根本的な問題としては、

・社内に何台PCがあるか、何のOSが入っているか分からない
⇒だから手が付けられない

という企業も多いようです。


企業ステージに合わせて対策しなければ…
でも“いつ”かは一向に決まらない…

これは非常によくあるケースと言えます。


ただ、XPから新しいOSへの移行に関してだけは、
間違いなく“今でしょ!”です。


PCの台数管理やソフトウェアの管理は
順次で良いと思いますが、結局どこかで避けられないでしょう。

今では低コストで優秀な商品も増えていますので、
もし「何かしたい」という方はお気軽にご相談下さいね。

では最後に、
新しいOSにすることで起こるリスクをお話しします。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「新しいOSにすることで起こるリスク」


えっ!?新しいOSにして何が困るの?
こう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は何でもかんでも新しくすれば大丈夫!
という訳ではありません。

その典型的な例が、


「使用している業務システム等のアプリケーションが、
新しいOSに対応していなかった」というものです。


それを知らないまま新しいOSに移行してしまうと、

・システムが動作しない
・データが破損してしまう

などのトラブルが起きないとも言えません。


今使っているシステムは新しいOSに対応しているのか?


中には、この動作検証に時間が割けず、
XPから脱却できないという企業も多いようですが…


いずれにせよ、対策は急を要します!


なぜならXPサポート終了間際では、
自社・メーカー共に対応が追い付かない可能性があるからです。

もし何も手を付けられていない方は、
IS Newsをきっかけにして頂ければ幸いです。

なお、弊社システムをお使いのお客様につきましては、
担当より再度ご案内させて頂く予定です。
お急ぎの方は窓口までご相談下さいね。

▼お問い合わせ窓口
TEL:0564-87-2050 営業担当
http://www.is-systems.co.jp/contact/



今回のIS Newsはこれでおしまいです。
最後までお読み下さりありがとうございました。

また次回のIS Newsでお会いしましょう!


★★今月号のおさらい★★


▼XP利用継続によるデメリット
・マルウェア感染や不正アクセスへの危険が増大
・周辺機器やソフトの動作対象から外される可能性
・他のOSとの共存による負担の増加

⇒新しいOSへの移行を検討すべきです!


▼新しいOSへ移行する前に

⇒お使いのアプリケーションが新しいOSに対応しているか、
 事前に調べてから移行しましょう!


▼パソコンのOSを調べたい
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx
※マイクロソフト社のサポート終了告知ページ、画面中央右隅に、
 OSのバージョンの確認ができるツールがあります。

全国560社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はスノーピークビジネスソリューションズまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ