TOP メルマガ登録フォーム メルマガ・バックナンバー メルマガ・バックナンバー 第22回 IS News【現場のヒューマンエラー”ゼロ”を実現!】

メールマガジン・バックナンバー

第22回 IS News【現場のヒューマンエラー”ゼロ”を実現!】

2012-07-31

いつもお世話になっております。
アイ・エス・システムズ IS News担当です。

皆さん、チョコレート、ビスケット、卵、バターはご存知ですよね。

では、これらを「性質」という視点から、
2つのグループに分けてと言われたらどう分けますか?

ヒントは加熱と冷却。
正解はこのメルマガでご紹介します♪

さて、今回のIS Newsは樹脂などの成形工程を例にした、
現場のヒューマンエラー”ゼロ”を実現!にまつわるお話です。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


みなさん「成形工程の流れ」はご存じですか?


「成形方法」というと射出成形、押出成形など様々ですが、
「成形工程の流れ」は実はどの工場も似ています。

具体的に言うと、

A.原料の持ち出し
B.原料の投入
C.出来た製品の検査
D.出来た製品の保管
E.出来た製品の出荷

ざっとこんな5つの流れに分解できます。
http://www.is-systems.co.jp/library/idea/11


これを「管理やニーズ」の視点から見ると、

A.原料の在庫管理
B.原料の投入照合(生産実績収集)
C.製品の不良検査(不良実績収集)
D.製品の在庫管理
E.製品の出荷検品

このように分けることが出来ますね。


お客様から頂くご相談はAだけとか、BとCがやりたい、
あるいは数年計画でA~Eまで全部!など様々です。

弊社はこの一つ一つの現場改善を支援する、
STARTERシリーズを完備していますので、全て対応可能です。

その中でも今回のメルマガでは、
B.原料の投入照合(生産実績収集)をご紹介したいと思います。
http://www.is-systems.co.jp/library/idea/11

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「原料の投入間違いを防止したい」


これは現場で作業する方が思っている事であり、
また現場に求められていることでもあります。

それを実現するために人のチェックがあったり、
ハンディターミナルなどを活用したりするわけですね。


では成形工程における投入間違い防止には、
一体どんな方法があるのでしょうか?


その一つが、3点照合です。


というのも、樹脂などの成形工程においては、
たいてい3つのものが登場するからです。

例えば、

1.原料
2.金型
3.成形機械


これが場合によっては、

1.生産指示書
2.原料
3.成形機械

などの組み合わせになったりします。


誤投入・誤品の原因は、
これらの組み合わせ間違いからよく起こります。


だから「決められたものを間違いなく投入する」為に、
それぞれを照合できる仕組みが有効なのです。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


じゃあウチも照合の仕組みを取り入れよう!


となった時に間違いなくぶつかる壁が、
「自社の現場にドンピシャなものは売ってない」ということ。

同じ人間が誰一人としていないように、
現場も似ている部分はあってもそれぞれ違うんです。


そうなると、

・パッケージ製品を無理やりあてはめて使う
・完全オリジナルの仕組みをゼロから作る

このどちらかを選ばざる負えません。


前者はコストは安くても使いづらく、
現場への定着化は難しいことが容易に想像できます。

後者は現場の使いやすさは間違いないですが、
コストが高く、納期も時間がかかるのが普通ですよね。


だからこそ、弊社のSTARTERシリーズは、
お客様から選ばれているんです。


理由は、現場改善を手掛けることで導き出した、
「絶対必要な機能」をベースに、自由設計が可能だから。


またパッケージ製品のカスタマイズとの違いは、
「余分な機能を削る」というコストがない点です。

使いながら本当に必要な機能のみ加えていく…
だからシンプルで低コスト、そしてオリジナルなのです。


現場のヒューマンエラー”ゼロ”を実現する仕組みは、
単純に堅牢なシステムという訳ではありません。


現場の使い勝手やマインドの理解はもちろん、
コストや納期など全てにおいて最適なバランスが取れたもの―

そんな仕組みが現場に根付いた時こそ、
真に効果を発揮する仕組みとなるのではないでしょうか。



今回のIS Newsはこれでおしまいです。
最後までお読み下さりありがとうございました。

また次回のIS Newsでお会いしましょう!

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。

◆編集後記【冒頭クイズは「バターとチョコレート」「ゆで卵とビスケット」が正解☆】

今回は樹脂(プラスチック)にちなんだクイズでした。
そもそもプラスチックとは可塑性を持つものという意味で、
熱可塑性プラスチックと熱硬化性プラスチックの2種類があります。
前者は熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固まる、再び加熱すると柔らかくなる性質をもつものです。
つまり、バターやチョコレートと同じ性質があります。
後者は熱を加えると固くなり、一度固まると再加熱しても柔らかくならないものです。
つまり、卵やビスケットと似た性質と言えます。どうでしたか?また次回をお楽しみに☆

全国560社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はスノーピークビジネスソリューションズまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ